自己嫌悪から始まるイノベーション

とりあえずやってみることに意味がある!

もっとわかりたい!2016参院選

2016年の参議院選挙が終わった。
結果は与党の大勝。いわゆる「改憲勢力」が3分の2を超え、憲法改正の発議ができる、という状況になった。
残念だったのは投票率。18歳19歳に初めて選挙権が与えられ、投票率が注目されたが、結局、54.70%という、過去4番目に低い数字に終わり、改めて政治への関心の低さが浮き彫りになった格好だ。

人々は本当に政治に無関心なのか?

ただ、投票率が低かったからと言って、本当にみんな政治に興味がないのだろうか?
「安保デモ」とか「日本死ね」とか「舛添問題」とかは、全部政治の問題で、それらに一切の無関心で生きていた人が45.30%も居るとは思えない。
妻を投票に行こうと誘ったとき、彼女は
「何もわからないのに行けへん」
と言ってその場を動かなかった。
そんな彼女も、「日本死ね」ブログの対応がクソだった平沢勝栄に腹を立てていた1人だ。

関心はあるけど難しくてわからない

事実、こんなブログを書いてる人も。


実際にそういう理由で投票しなかったかどうかはともかく、かなり多くの層の気持ちを代弁しているような気がする。
今年から18歳以上の若者にも選挙権が与えられ、高校の授業で色々な議論がなされているようだが、正直あれは羨ましいと思った。
うん。僕も思ったよ。そもそも、20歳になった人だって、20歳を越えてから初めて選挙を迎えた人だって、みんな初めての選挙だから。
政党の成り立ちとか、支持母体のしがらみとか、業界団体の繋がりとか、受動的に生きてるだけじゃ、難しくてわからないんだよ。

わからなければどうすればいいか

方法は2つ。
  1. 長いものに巻かれる
  2. 勉強してわかるようになる
投票した人が全て「わかってる」人じゃないのは、僕自身がそうだし、今井絵理子朝日健太郎への質問で、池上彰がいとも容易く炙り出してくれた。
だから、能動的に勉強しない限り、4割強の「わからないから何もしない派」か、5割強のうちの一定数を占めるであろう、「雰囲気に流される派」に属するしかない。
それではツマランよな、と思う層に対して、教育を施すことこそが、現状維持を望まない人たちのやるべきことだと思う。

わかってて投票しない人

わかってて、わかりすぎてて絶望し、投票しないという人もいたかもしれない。そういう層に希望の光を少しでも見せることも、とても重要なことだろう。そういう意味で、民主党政権の失敗はかなり手痛い。


色々わかったらわかったで、イライラすることも絶望することも増えるかもしれない。
でも、改めて今回感じたモヤモヤを払拭するために、僕はわかる努力を続けてみようと思う。









一応SEの僕が使うマジで捗るExcel術10選



スマホからだから文字だけで許してください。
マクロは無いです。

1.
Alt → w → f → f
ウィンドウ固定
WindowをFix!

2.
Alt → a → t
フィルタ設定
TableのT(aは覚える)

3.
Alt → a → c
フィルタクリア
ClearのC(aは覚える)

4.
セル・行・列を選択してShift +ドラッグ
移動先に挿入

5.
セル・行・列を選択してShift + Ctl +ドラッグ
移動先にコピーして挿入

6.
Ctl + F1
リボンの表示非表示切り替え

7.
= A1 = B1(数式)
A1セルとB1セルがイコールなら「True」ノットイコールなら「False」になる。
間違い探しに便利。

8.
= row() - 1(数式)
1行目に「No.」2行目から連番を振りたいときに便利。並べ替えても勝手に連番になってくれる。管理No.など勝手に変わると困るやつには使わないように注意。

9.
フィルタのタイトル項目で Alt + 下キー → S
選択した項目で昇順に並べ替え
O なら降順

10.
Vlookupで、「何列目」を取るかをセル参照にする
式の中見なくてもわかりやすいし、オートフィルも使えて超便利。式に「3」とか直書きするとオートフィルしても「3」だから手で式直さないといけない。




こんなところです。急いで書いたから粒度がバラバラ?
あと、Ctl + D と Ctl + R は絶対覚えて。
Ctl + C,V をひたすら繰り返してるのを見るとイライラするw
クイックアクセスツールバーはAltキー+数字でアクセス出来るから、よく使うものは順番を決めて数字を覚えるべし。
僕はピボットテーブル作成をAlt + 2 で出来るようにしてます。




iPhoneからはてなブログを1ヶ月間更新し続けてわかったこと②

続きです。①はコチラ↓↓

iPhoneからはてなブログを1ヶ月間更新し続けてわかったこと①

 

オピニオンリーダー的存在にひっかかることが何より大事

連続更新最初の記事が、「今週のお題」で、なんとそれを週間はてなブログに取り上げてもらいました。

卒業式で泣かなかったけど、冷たい人ではないのです ―― 前回のお題「卒業」ふりかえり - 週刊はてなブログ

 このときのアクセスが1ヶ月間で最大で、僅かですが、何人かの方にスターを付けてもらいました。


■よく考えたら、「はてなブログ」というプラットフォームに乗ってる点では、一定のアクセスはあってしかるべき

独自ドメインを取得して、全く1からの立ち上げ、とかとはかなり違うのかなぁと。いずれはSEOとかも勉強の一環として考えたいなぁとは思っています。


■固有名詞を出した紹介記事は、検索で辿り着く人もいる

好きなアーティストとかマンガとかの批評記事は、結構検索ヒット率が高い気がします。曲や作品と言った共通認識のもてるものに対する批評なので、読者側からも読んでいてイメージがつきやすいでしょうしね。


■毎日更新という枷に縛られる意味はない

仕事が長引いた日とかは、正直、中身のない駄文を(普段もそんなに中身ないですが、、)無理矢理アップして今日の分クリアー、ってしてましたが、それは逆効果だったのかなーと。毎日の固定読者がまだいない状態で、数あるブログの中で奇跡的にここに辿り着いてくださった方がいたとしても、それが中身のない残念な日だった場合、その人がこのブログのファンにその後なってくれる可能性は、限りなく低いですからねきっと。だったら、毎日更新にこだわらず、毎記事全力!を目標にする方が、良いと感じました。



以上、2回に渡って書いてきました。

散々iPhoneから、と書いていて知らなかったのがお恥ずかしいんですが、はてなブログのアプリがあったようです。実は1回見つけてたんですが、「IOS7以上対応です」と言われてインストールできなかったのを忘れていました。(まだ6なんです。。空き容量がなくてアプデできない。。)


というわけで、次回はアプリが使えるようになってから、改めてiPhoneで書いていこうと思っています。


今後ともよろしくお願いします。


iPhoneからはてなブログを1ヶ月間更新し続けてわかったこと①

2014/3/27にブログ更新を再開してから、本日2014/4/26まで毎日更新してきましたが、その中で感じたこと、わかったことをつらつら書いてみます。


■毎日更新すればいずれPVは増える、というのは、たかだか1ヶ月では無理

はてなブログは簡易のアクセス解析機能がついており、日単位でのアクセス数がわかります。この1ヶ月、毎日更新して、総アクセス数は200弱。

予想以上に読まれないものだと実感しました。


■でも、少なからず読んでくれている人がいるのはとても励みになる

こんなブログでも、かなりの頻度で星をくれる読者の方がいて、それはとても励みになりました。そういう人を少しずつ増やしていくという地道な作業が、人気ブログへの道なのかと思います。


iPhoneからはてなブログを書くのは、かな〜り不便

これは最近関連記事を書きましたが、そのリンクを貼るのすら億劫になるくらい、相性がイマイチです。じゃあPCで書けよとなりますが、まぁ色々事情がありまして。


つづく、、、



コンテンツから湧き出る魅力

ネット上で存在感を出すためには、セルフブランディングが必要だ。Twitterで色んな人とコミュニケーションをとり、フォロワーを増やす。facebookで友人との写真を公開してリア充ぶりを発揮する。そうやってネット上で「面白そうなヤツ」と認識されて初めて、コンテンツが評価される。その場合、ほどほどのレベルのコンテンツでも、アカウント自体の魅力によって価値が倍増され拡散される。





さて。


ネット上で存在感のないアカウントが、ろくに他者とコミュニケーションを取らずに、リア充と同じ価値を拡散するためにはどうすればいいか。

簡単である。とりあえず多くのアカウントの目にコンテンツを触れさせ、そのコンテンツから湧き出る魅力でもって、ひと目見た瞬間に、「コレはヤバイ!」と思わせればいいのだ。





あれ?超難しい。


ネットで簡単に高品質なコンテンツにありつける時代に、ひと目見てヤバイと思わせるアイデア、センス、魅力を持って、満足感、シェアしたい感をもたらすのは、並大抵のクリエイターでは無理だ。

だからこそみんな、こぞってセルフブランディングに走る。コンテンツに足りない魅力をアカウント自身の魅力で補うために。





今流行りのnoteに、大量のフォロワーを引き連れて


「とりあえず登録してみた」


というトークで「スキ」を数十個貰ってるのを見ると、正直ゲンナリするわな。




カラオケボックスでの正しい水分の摂り方

今週のお題「飲み物」


カラオケ。それは、日常生活ではおよそ出すことのない大声を、数分間出し続け、なおかつそれをローテーションを組んで何度も繰り返す、という、喉にとって非常に過酷な遊びです。


今日は、そんな過酷なカラオケにおいて唯一無二のオアシスである、飲み物についてアレコレ書いてみます。



■基本であり王道

烏龍茶です。基本的に烏龍茶を飲みましょう。間違いありません。


■味が欲しい

ホワイトウォーターを飲んでください。まろやかで、なんとなく喉に優しい気がします☆

もしくはアイスミルクティーです。こちらもなんとなく喉に優しい気がします☆


■いつも苦しい道を選ぶキミへ

炭酸飲料にチャレンジしてください。サビ前でゲップが出そうになりそれを我慢して「ぐむっ」とかいう変な声が出ること間違いなしです。


■歌は二の次

とりあえず、コーラとなっちゃんを混ぜてみましょう。慣れてきたらメロンソーダもブレンドしてみてください。友達が持ってきたブレンドの中身を当てられるようになれば一人前です☆


■オトナ

酒持って来い!酒だ!声が出なくなっても、場が盛り上がればそれで良しなオトナ。


■オール

でも、酒が抜けた午前4時くらいが一番良い声が出るものです。



以上、カラオケでの飲み物事情をまとめました。

個人的には、ソフトドリンク飲み放題じゃないカラオケには行かないほど、飲み物を重要視しています。

でもジュースを飲み過ぎると太るので、結局烏龍茶しか飲まないけどね!



二兎を追う者は一兎は得るが、どうしようもない二者択一を迫られる

女「仕事と私どっちが大切なの!?」


男「もちろん君だよ。でも働かないと生きていけないんだ。」


女「そんなの知らないわよ!本当に私が大切なら今すぐ仕事を辞めてみてよ!じゃないと今ここで死ぬわよ!」


男「そんなこと言われたって…」



日頃から曖昧な判断をくだし、あわよくば両方モノにしようという魂胆の人間は、結局どこかでどうしようもない二択を迫られる。

どうしようもない二択を迫られる前に、どこかでどちらかを選び取れる局面があったにもかかわらず、決断を先延ばしにした結果がそのザマだ。

どうしようもない二択の先には、取り返しのつかない結末しか待ち得ない。後悔など何の意味もない。

そんな状況ですら、「なんとか上手く丸め込む方法はないか」という方向へ脳味噌をフル回転させる。



しかし、時すでに遅し。


モラトリアムはもう終わり。


どちらかを捨てなさい。