読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己嫌悪から始まるイノベーション

とりあえずやってみることに意味がある!

ボケとツッコミのハイブリッド

ブコメに星は付くのにブログに星は付かない


という記事を昨日書いたら、有難いことに何人かの方に星をいただきました。

そして、星をもらうための絶対条件であるアクセス数も、

両手足で足りないくらいはありました。


星がついてるからアクセスが増えたのか、その逆なのか、どちらが先かはわかりませんが、とりあえず昨日の記事がある意味で正しかったことの表れじゃないでしょうか。


そこで今日は、昨日の記事で少し触れた、

「ボケ」と「ツッコミ」について。


先に申し上げると、僕は関西人なんですが、日常生活では完全にツッコミタイプです。ボケは無理。

boketeで7000星くらい取ったのが1個だけあるんですが、それも実はボケてません。ツッコミです。


常々、

「ボケはパイオニア   ツッコミは揚げ足取り」

だと思っています。

やっぱりボケは凄い。クリエイティビティが違う。

だからboketeでクリエイティビティを上げようと取り組んでるんですが、結局ツッコミ系の投稿が評価されている、という皮肉な感じです。


で、これをブログに置き換えたときに、

全く新しい発想の記事=ボケ

既存の物事に噛み付いて批評する記事=ツッコミ

みたいな感じで、記事の面白さは分類されるのかなぁ、とぼんやり考えてました。


さて、じゃあ今後どっちを目指すか。

やっぱりここは、「ボケ」を目指すべきでしょう。


ただし、単にボケるだけなら誰でもできます。わけわからんことを書けばいいだけなので。

大事なのは、ちゃんと「ウケる」こと。読み手のニーズを掴んで、琴線を揺らすこと。

それを探るには、自分自身がどんなことに心揺さぶられるのか、というアンテナを張るのが、早くて確実です。

そうやって自問自答し、良いボケになるように磨いて行く。


つまるところ、自分のボケにツッコミを入れることで、それをより良いボケ、読み手に響く記事へと昇華させる努力を、継続的に行うことが大事なんだなぁと、トイレの中で書きながら気付きました。以上。

ブコメに星は付くのにブログに星は付かない

その理由を考察…



1.ブログが面白くない

2.ブログが誰にも読まれていない

3.ブコメが面白い

4.ブコメがよく読まれている



おそらく、4、2、1の複合技でしょう。


僕はほとんどホッテントリにしかコメント書いてませんし、SNS連携もしてません。

なので、500ブクマの記事に書いたコメントだったら、実際に記事を読んでいる人はその100倍返しくらいはいるんじゃないでしょうか。

そのうち10分の1がブコメを隅々まで読んだとしても、5000人。


それだけの目に触れれば、何人かにはヒットするようなことは(短文だけど)書いているということでしょう。


しかしここで勘違いしてはいけないのが、あくまでブコメはただのツッコミに過ぎないこと。自分から何かを生み出してるわけじゃない。

既存の物事にツッコミを入れることと、新しい視点で「ボケる」ことは全く別物なんですよね。



さて、一方このブログのアクセスはというと、毎日指の数で余るほど…

それじゃあ仕方ないかと思いながらも、じゃあアクセスが増えたら評価されるのか?というのもまた疑問の残るところ。5000人が来ても5000人がスルーするようでは、当然だけどダメ。結局は面白くないとダメっつうことです。


ここで面白さのひとつのカテゴリとして、ブコメ同様、既存の物事にツッコミを入れる視点の記事を書いてみればどうかということ。これはまだやっていない試みです。


しかしこれはこれで凄く難しい。

良質なツッコミのためには、その物事の背景から影響から関連事項からある程度の情報が必要だからです。

ブコメが100文字以内なのが、ある意味救いなんです。


まとめると、

ブログで星が欲しかったら、

まずアクセスを増やす努力をすること。

次に、面白い記事を書くこと。

面白さとは、画期的なボケか、良質なツッコミかのどちらかに概ね絞られる、ということ。

そこまでブレイクスルーしない限り、ただの戯言の域を出ないということ。「今週のお題」で拾ってもらう以外生きていけないということです。


頑張ろう。

春らしく 桜のように 逞しく

今週のお題春の嵐




桜が咲いた






と、思った直後に 

いつも雨


毎年のことだ



昨日まで満開だった桜の花びらは


その多くが、今日は道端に朽ち果てている




まるで、掴んだと思ったら手をすり抜けていく「幸せ」みたいだ




でも、桜は散ったあと、鮮やかな緑の葉をその枝に宿す


その力強さ、逞しさを、僕たちも見習おう


終わらない嵐なんてないから




noteはじめました

いま話題の新しいwebサービス 「note」

さっそくはじめてみました。

 

自己嫌悪から始まるイノベーション | unNatural | note

 

ポエムのようなライムを公開していきます。

 


誰か曲をつけてくれないかな。