読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己嫌悪から始まるイノベーション

とりあえずやってみることに意味がある!

続 iPhone と はてなブログ

iPhone と はてなブログ - 自己嫌悪から始まるイノベーション


昨日書いた記事の続きです。

まだ欲しい機能がありました。


第4位

カテゴリ設定

iPhoneからだとできないんですよね。ぶっちゃけそこまで意味はないんですが、やっぱりカテゴライズしたいですよね。


第5位

アクセス解析詳細版

アクセス総数はiPhoneからでも見られるんですが、どうやってアクセスされたかや、どの記事にアクセスされたかなどの詳細情報は、PCからしか見られません。

まぁ正直、この一週間毎日、アクセスが片手でおさまる状況なので、どーでもいいんですけどね。(太字大)


ちなみにこの記事の冒頭のリンク貼り付けは、iPhoneでPC版にして無理矢理やりました。。


f:id:elm212:20140422212931j:plain



iPhone と はてなブログ

僕は仕事が終わって家に帰るまでの電車の中で、iPhoneからこのブログを書いています。延べ30分くらいでしょうか。

理由はいくつかあります。


時間の有効活用、短時間で書く練習、家でPCが使いづらいetc...


そんな中で、iPhoneからこの機能を使いたいなーというのをランキング形式にしました。



第1位

リンク貼り付け

PCモードにしないとできないので非常に不便。でもリンクってブログの基本じゃない?


第2位

フォント調整

ここは太字にしたい!とかも、iPhoneからはできません。。技術的なことなのか?でもEvernoteのアプリは結構色々できるのに、と思いながら、、


第3位

箇条書き

まぁ言わずもがな。ビジネス文書の基本だしね。ビジネス文書じゃないけど。



以上です。思ったより少なかったですが、やっぱり改めて欲しいなと思いました。


はてなさん、機能アップ待ってます!

「インターネット」では、誰が言ったかではなく何を言ったかの方が大事

ということを誰が言ったか、というのが実際は大事なんです。


だからまずは、「何かを言ってる誰か」になる必要があります。



わかりますか?ここテストに出ますよ?



つまり、「良いことを言い続ければいつか認められる」わけではありません。

何らかの手段を使ってとりあえずは世間に認識される誰かにならないといけません。


例えばTwitterで何千人単位のフォロワーを獲得すれば、そのアカウントがたとえ匿名で、実際は誰かわからなくても、「誰か」になったと言えます。

そうなって初めて、「何を言ってるか」が評価されるようになります。


逆に言うと、フォロワーも少ないただの匿名アカウントでは、何を言っても無駄なんです。たとえどんなに良いことを言ったとしても。


道は険しい。。


舞台感想

初めて本格的な劇団の舞台を見た。


・ドラマや映画と違って、一発勝負のライブ感が凄く良かった

・当たり前だけど歌が上手くて声量が半端ない

・終了後の観客の拍手が鳴り止まない

・困難を乗り越えようとする主人公の生き様を自分に重ねて、明日を生きる活力とする



ちょっとハマったかも。

充実した毎日を送るために心掛けたい たった1つのコト

今日は花金。


休日前だし思いっきり遊ぼうぜ!の花金。

平日の疲れを吹き飛ばすためにはっちゃけようぜ!の花金。




さて、、

それじゃあ昨日は?一昨日は?

花木?花水?




うん。そんなわけないよね。

苦水 とか 疲木 とかだよねきっと。





でもさ、よく考えるとそれっておかしくない?水曜日や木曜日はどうして思いっきり遊べないの?どうしてはっちゃけられないの?


「平日は粛々と仕事に取り組み、翌日の仕事に備えておとなしく過ごすべし」


そんな法律なんて、どこにもないよね。

それは自分で決めつけてるだけだよね。




そう考えると、そもそも日本語の「平日」「休日」って言い方は、凄く罪深いと思わない?


月〜金 は 平らな日

土日 は 休む日


こんなのただの言葉遊びだと言うかもしれないけれど、実際どう過ごしてる?平日は平日らしく、休日は ただ休日として過ごしてない?




だからさ、このへんで、平日 とか 休日 とか 花金 とか 鬱月 とか言うのやめない?


毎日が「動日」で「遊日」だと決めつければ、人生がもっと『充日』すると思わない?




もちろん、仕事や諸々のっぴきならない事情で、いわゆる「平日」は、働いて帰って寝るだけになるかもしれない。


でも、それが当たり前だと思い込んで土日までの消化試合のように毎日過ごしてるんじゃ、人生本当にもったいないよ!


少なくともボクは、毎日が掛け替えのない特別な日だと信じて、今日も明日も生きていくことにするよ。


キミも一緒にどうだい?


下書きはいつまで経っても清書されない

あるとき ふと浮かんだ思いつきをとりあえず下書きにする

伝えようか迷っている気持ちをひとまず下書きに落とす


それらの下書きは、得てして 清書されなかったりするもの。


時間が経てば、アイデアは陳腐に見え、躊躇っていた想いはうやむやになり、やがてどこかで下書きの一括削除によって消え去る。


もちろん、それが功を奏する場合もある。慎重に考えて推敲を重ねることは大事だ。


でも、消えていった/残ったままの下書きは、単純に、旬を過ぎてしまっただけかもしれない。


イデアが一番輝いていたそのときに、

躊躇いながらも自分の想いと向き合っていたそのときに、

あの言葉たちを、放ってやるべきだったのかもしれない。


考える前に行動する

やった後悔よりやらない後悔

明日やろうは馬鹿野郎


古典的名言は、やっぱり正しい。


今日、この瞬間から、一歩を踏み出す意欲を忘れずに生きていきたい。


社員旅行に潜む真の悪

・会社公式行事 と言う名の強制参加

・福利厚生と言う名の経費計上

・家族は実費

・実費だから、団体割引で安いはずなのに値引き交渉なし

・日常業務の滞り

・会社携帯必携

・結局鳴る会社携帯

・旅行期間中のトラブルと終わってからのお小言

・来年もまたあるの?



まぁ、積立金とか無いし、行ってからはずっと自由行動だし、休日出勤扱いになるしで、そんなに悪いことばかりでは無いけども。というか結構良い会社なのかもとか思ったけども。というか、穿った見方をする方が悪いんだけども。




真の悪は、醜い己の心の中にあり。