自己嫌悪から始まるイノベーション

とりあえずやってみることに意味がある!

ブコメに星は付くのにブログに星は付かない

その理由を考察…



1.ブログが面白くない

2.ブログが誰にも読まれていない

3.ブコメが面白い

4.ブコメがよく読まれている



おそらく、4、2、1の複合技でしょう。


僕はほとんどホッテントリにしかコメント書いてませんし、SNS連携もしてません。

なので、500ブクマの記事に書いたコメントだったら、実際に記事を読んでいる人はその100倍返しくらいはいるんじゃないでしょうか。

そのうち10分の1がブコメを隅々まで読んだとしても、5000人。


それだけの目に触れれば、何人かにはヒットするようなことは(短文だけど)書いているということでしょう。


しかしここで勘違いしてはいけないのが、あくまでブコメはただのツッコミに過ぎないこと。自分から何かを生み出してるわけじゃない。

既存の物事にツッコミを入れることと、新しい視点で「ボケる」ことは全く別物なんですよね。



さて、一方このブログのアクセスはというと、毎日指の数で余るほど…

それじゃあ仕方ないかと思いながらも、じゃあアクセスが増えたら評価されるのか?というのもまた疑問の残るところ。5000人が来ても5000人がスルーするようでは、当然だけどダメ。結局は面白くないとダメっつうことです。


ここで面白さのひとつのカテゴリとして、ブコメ同様、既存の物事にツッコミを入れる視点の記事を書いてみればどうかということ。これはまだやっていない試みです。


しかしこれはこれで凄く難しい。

良質なツッコミのためには、その物事の背景から影響から関連事項からある程度の情報が必要だからです。

ブコメが100文字以内なのが、ある意味救いなんです。


まとめると、

ブログで星が欲しかったら、

まずアクセスを増やす努力をすること。

次に、面白い記事を書くこと。

面白さとは、画期的なボケか、良質なツッコミかのどちらかに概ね絞られる、ということ。

そこまでブレイクスルーしない限り、ただの戯言の域を出ないということ。「今週のお題」で拾ってもらう以外生きていけないということです。


頑張ろう。